BLOG ブログ

HOME // ブログ // つらい「寝違い」あなたは冷やす?温める?

CATEGORY


ブログ

つらい「寝違い」あなたは冷やす?温める?

こんばんは
堺市南区、泉ヶ丘駅すぐの猫背・骨盤矯正
ボディーメイクズHonoka.整体です

皆さん、寝違えた事ありますか?


寝て起きると、首が動かせない。動かすと痛いということは多数の方が経験あると思います。

そのときの処置ですが、温めますか?冷やしますか?

きょうは患者様から

「寝違えた時は、温シップがいいの?冷シップがいいの」

という質問がありましたので、皆さんにも知ってもらえたらなと思います。

結論から申し上げますと、「冷シップ」をしてください。

細かく言うと、色々な考え方があるのですが、大多数の寝違えは炎症が起こっていることが多いです。

炎症反応というのは

・痛みがある

・熱感がある

・腫れている

・赤くなっている

シップは消炎鎮痛効果があります。

なので炎症が起こっている場合は、「冷シップ」がおススメです。

そのほかにも、肩こりや筋肉の疲労などによっても寝違えに似たような症状が起こります。

その場合は、温めてあげたりストレッチなどをすると動かしやすくなる場合もあります。

ご自身で判断がつかない場合は、お近くの整骨院や整形外科などに問い合わせてみて下さい。

何日も痛みが続くようであれば、他の原因も考えられますので、病院への診察をお勧めします。


大阪府堺市南区茶山台1-2-3
TEL:072-295-8100
☆当院の事をもっと詳しく知りたい方は☆

口コミランキング1位!
月間利用者数800万人の【エキテン】
☆口コミはこちらから☆

当院が小顔矯正について取材を受けました☆
☆小顔矯正について詳しく知りたい方☆

ブログ一覧