BLOG ブログ

HOME // ブログ // 手が痺れる?それって『手根管症候群』かも。原因や対策を紹介します!

CATEGORY


ブログ

手が痺れる?それって『手根管症候群』かも。原因や対策を紹介します!

こんばんは
堺市南区、泉ヶ丘駅すぐの猫背・骨盤矯正
ボディーメイクズHonoka.整体です



パソコンでキーボードを打つ、台所で家事をする

そんな時に手首に痛みを感じたり、指先が痺れることはありませんか?

「最初は気にならなかったけど、最近ずっと痺れているような気がする。。。」

そうなってしまうと、仕事や家事の効率が落ちてしまいます。

さらに姿勢もどんどん悪くなってきます。

そうなる前に、「手の症状」について正しい知識を手に入れましょう。

そして、どうすればこの状態を改善できるのかをお伝えします。

目次

手根管症候群って?

手根管症候群とは、正中神経(せいちゅうしんけい)と呼ばれる神経が、手くびで圧迫される病気です。

手根管とは

「手根管」とは手首の手のひら側にある、骨や靱帯で囲まれた親指ぐらいの太さの狭いトンネルのことです。

このトンネルには「正中神経」と、指を曲げるための腱が通っています。

正中神経は、手の感覚や親指のふくらみの筋肉を支配する神経です。

主な症状

手のひら、親指から薬指のしびれ、痛みがでてきます。

仕事などで手を使った後に症状が強くなることがあります。

しびれや痛みで夜に目が覚めることがあります。

進行すると親指の付け根の筋肉がやせてきます。

机の上のコインをつまみにくい、ボタンがつけにくい、親指と人差し指の間が大きく開けず、湯呑やジョッキが持ちにくい、などの症状が現れます。

手を振ると少し楽になるのも、手根管症候群の特徴です。

原因

原因ははっきりとしたものは発見されていません。

ただ、症状を訴える方で多いのが、

・繰り返し同じ動作をしている

・妊娠によるむくみ

・手根管を形成している靱帯の肥厚

・腱の炎症

・人工透析を受けている

など様々な原因があるので、色々な治療方法を検討する必要があります。

また、男性よりも女性に発症することが多く、女性ホルモンとの関係も示唆されています。

検査方法(ファーレンテスト)

手のしびれは、・脳卒中・糖尿病・首の病気などの別の病気で起こることもあります。

手のしびれの原因が、手根管症候群かどうかを確かめる方法で、わざとしびれを起こしやすくする「ファーレンテスト」を行います。

ファーレンテストの方法

1.体の正面で手の甲を合わせます

2.1分間その状態を保ちます

1分以内に手が痺れたり、もともとあった痺れが強くなる場合は、手根管症候群が疑われます。

痺れが強くなる場合はその場でテストを終わらせてください。

治療方法

医師に相談するのはもちろん大事ですが、日常のちょっとしたことに目を向けるだけで改善することも期待できます。

それは「姿勢を正しくすること」です。

特にパソコン仕事をされている方は、『手首が曲がった状態』になっていないかをチェックしてください。

知らず知らずのうちに、手首に負担をかけてますよ!

あとは、使い過ぎによって症状が悪化することが多いので、手のストレッチを必ず行うようにしてください。

☆手のストレッチはこちらから☆

一般的には負担を減らすために、固定装具を着けたり、安静にすることが大事です。

ただお仕事や家事を辞める事はできませんよね?

であれば、

・姿勢を正しくする

・ストレッチをする

が症状改善に繋がりますので、是非トライしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

実際症状は出てないが、予備軍の方はたくさんいます。

症状が出てから治療を始めると、治るまで時間がかかるので、普段から姿勢やストレッチを行うように心がけましょう☆

ストレッチの方法がわからない!自分ではできない!

と感じられた方は、1度ご相談に来てください。

当院では、患者様の悩みに合わせてしっかりと施術させて頂きます。

お一人で悩まず、まずはご相談を!

ブログ一覧