BLOG ブログ

HOME // ブログ // 五十肩で肩が動かない。。。その本当の原因は?

CATEGORY


ブログ

五十肩で肩が動かない。。。その本当の原因は?

こんばんは
堺市南区、泉ヶ丘駅すぐの猫背・骨盤矯正
ボディーメイクズHonoka.整体です



最近、肩が痛くて動かしにくくなった患者様がよく来られます。

皆さん肩はしっかりと動きますか?

今日は肩のお悩みで多い

「五十肩」

についてお話します☆

目次

五十肩とは

まず、そもそも「五十肩」という病名についてご説明します。

正式名称は「肩関節周囲炎」または「凍結肩」と呼ばれています。

中年以降の方に起こることが多く、特に五十代の方に多いことから「五十肩」と呼ばれています。

また、糖尿病の方にも起こりやすいといわれています。

どのような症状が出るのか

・服を着るときに肩に痛みが走る

・夜中にうずいて眠れない

・腕を上げることができない

・肩こりとは違った痛みがある

・背中に手が回らない

など多彩な症状が起こり、生活の質を著しく低下させます。

また、似たような症状が出る病気として

・腱板損傷

・石灰沈着性腱炎

・肩峰下滑液包炎

・上腕二頭筋腱長頭炎

などがあり、レントゲンやエコー、MRIなどで鑑別します。

「五十肩」になる原因は?

五十肩では、肩の関節に炎症が起きていることが確認されていますが、なぜ炎症が起きてしまうのかは解明されていません。

しかし、当院としては

・首、肩、背中周辺の筋肉の緊張が強い

・肩を酷使している

・猫背など、姿勢が悪い

・悪い生活習慣

などで肩周囲の血液の循環が悪くなり、関節包や筋肉に栄養が送られなくなりさらに筋肉が硬くなる。

そして、また血液の循環が悪くなってくる...

と悪循環を繰り返していることにより、肩に痛みが起こり「五十肩」が起こっていると考えています。

どのように経過していくのか

五十肩は症状により、次の三つの周期に分類することができます。

・急性期

関節に起きている炎症が強く、「刺すような痛み」があります。

非常に痛みが強い周期で、夜も眠れないぐらい痛みが出ることもあります。

通常、痛みが出始めてから短い人で3~4週間、長い人で約2ヶ月ぐらいです。


・慢性期

急性期から1~2ヶ月経過すると、慢性期になります。

急性期の刺すような痛みから、「鈍い痛み」に変わり夜も寝れるようになります。

しかし、まだ腕を動かすと痛みますし、運動制限もあるという状態です。

・回復期

痛みや不快感が徐々に薄れていき、腕が動かしやすくなります。


以上の3つの周期が経過することで「五十肩」は治っていきます。

当院における改善法

当院では、まず今の肩の状態がどのようになっているのかを徒手検査していきます。

そして、当院での施術で改善できるのかを分析し見極めます。

そうすることで適切な処理ができ、早期回復を目指します。

ただ、場合によっては、整形外科などへの受診を促す場合もございます。

原因を分析

先ほども述べたように、原因は

・首、肩、背中周辺の筋肉の緊張が強い

・肩を酷使している

・猫背など、姿勢が悪い

・悪い生活習慣

などで血液循環が悪くなることで症状が出ていることがほとんどです。

そのために当院では

・今の姿勢のチェック

・身体の可動域のチェック

・神経テスト

・問診

を行い、日常生活の中でも何か身体に負担をかけていないかなどをチェックしていきます。

そしてその人に合った施術内容を提案させてもらいます。

当院での施術内容

当院では「姿勢」を重視しており、猫背矯正や骨盤矯正を施術させていただき、正しい姿勢へと導きます。

☆施術メニューはこちらから☆

姿勢が正しくなると、各関節への負担が減り、筋肉が硬くならない状態を作ることができます。

そうすることで、血液の循環がよくなりお身体の不調を改善していき、無理なく身体を動かすことができるのです。

当院では、患者様の悩みに合わせてしっかりと施術させて頂きます。

お一人で悩まず、まずはご相談を!

大阪府堺市南区茶山台1-2-3
TEL:072-295-8100

ブログ一覧